お知らせ

『拝啓、本が売れません』刊行記念イベントを行いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
吹奏楽小説『風に恋う』2018年夏発売予定

人生初の刊行記念イベントでした

3/30(金)に三省堂書店神保町本店で、『拝啓、本が売れません』刊行記念イベントを行いました。
年度末の金曜日という、誰もが忙しい時期だったにもかかわらず、たくさんの方にお越しいただけて本当に嬉しかったです。ありがとうございました!

この手のイベントは作家人生初だったのでどうなることやらと心配していたのですが、ゲストで来てくださった佐藤青南さんをはじめ、たくさんの人に助けていただけて無事終わることができました。

当日は会場に貫井徳郎さんや伊波真人さんや天祢涼さんも来てくださっていて、実はめちゃくちゃ安心したのです。お三方ありがとうございました!

大きなイベントが終わって一息ついていたらワタナベ氏から「一区切り感出さないで! まだいろいろやるから!」と言われました。『拝啓、本が売れません』は重版目指してまだまだいろいろやるみたいです。
イベントであれだけ「うーれーたーいー」と連呼したので、有言実行できるように頑張ろうと思います。

新年度からのこと

せっかくなので、今後のお知らせもさせてください。

4月

  • 東京都豊島区巣鴨にある大正大学表現学部表現文化学科にて、本年度より非常勤講師を務めます。
  • 文芸カドカワにて、『イシイカナコが笑うなら』が引き続き連載中です。

6月頃

  • 『拝啓、本が売れません』の中に再三登場するあの小説が文庫化予定です。

  • 風に恋う(仮)』刊行予定。
  • 小説ではない作品がまた出せるかも、かも。
  • 連載をもう1本始められたら嬉しいな。

2018年内

  • 書き下ろしの小説をもう2本くらい出したい。

今後ともよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『拝啓 本が売れません』好評発売中!

2015年に『松本清張賞』と『小学館文庫小説賞』をダブル受賞して(一瞬だけ)話題になった平成生まれのゆとり作家は、「本が売れない」という現実を思い知る。

出版不況といわれる中、いかに自分の本を売っていくか。
その方法を探すため、ゆとり作家は担当編集と旅に出る。

書店員、ライトノベル編集者、ブックデザイナー、Webコンサルタント、映像プロデューサー……。さまざまな業界で活躍するキーパーソンを取材。

その過程で見えてきた「本を売る方法」とは?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*