お知らせ

『完パケ!』がちょっとお安くなりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『完パケ!』(講談社)2/20発売

『完パケ!』の再校をチェックしています

ここ数日、『完パケ!』の再校ゲラの確認をしています。
発売に向けて、やっとゴールが見えてきました。

発売日も正式決まりました。2月20日です。

ちなみに、当初は1,728円だった『完パケ!』ですが、あの手この手をつくしてなんとか1,512円になりました。
本当に若干ですが、お求めやすい価格に……!

勝手ながら私は、自分の本は定価1,500円以内に抑えたい……といつも思っています。
単行本を1冊買うのに「うう……2日分の食費いいいぃぃ」と頭を抱えながらレジへと向かう貧乏大学生だったので、できる限りお求めやすい価格にするというのが私の目標であります。

もちろん、面白い本に値段なんて関係ないし、書店に並ぶ本の多くは値段以上に価値のある面白さを提供してくれるものばかりだと私は思っています。

でも、1,500円あれば松屋の牛めし(並盛り)が5杯食べられるのも動かぬ事実なわけで(笑)

私みたいな作家はまず自分の本を手に取ってもらわないといけないし、そのためにカバーや帯を作る際にもいろいろ策を講じるわけですが、値段を低く抑えられるかどうかも工夫の一つかなあと最近は思うようになりました。

……なんだかもの凄くがめついケチケチとしたお知らせになってしまった気がしますが、『完パケ!』は発売に向けて順調に進んでおります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『完パケ!』好評発売中!

たくさんのものを失って、僕らはだんだん逞しくなる

閉校の噂が飛び交う武蔵映像大学に通う、安原と北川。
しかし、卒業制作の監督の座は、たった一つ。二人は監督の座をかけてコンペでガチンコ勝負をすることになる。

自分の能力のなさに落ち込んで、才能のなさを嘆いて、誰かの抱えた葛藤に嫉妬して――
喪失を経て傷つきながら、それでも映画を撮り続ける彼らが手にしたものとは?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*