お知らせ

東海村立図書館で講演させていただきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いざ、東海村!

3/10(土)に、茨城県東海村にある東海村立図書館で講演会をさせていただきました。
「いばらきを舞台に小説を書くこと」という演題で、地元を舞台に小説を書くようになったきっかけを始め、額賀の小説の中にある《茨城な要素》を、地元の皆さんと一緒に掘り下げていきました。

POPがたくさん

図書館の皆さんが額賀の著作全てに特製のPOPを作ってくださいました。
館長が「気に入ったのがあったら持って帰ってもいいですよ!」と言ってくださったのですが、一人でも多くの人の目に触れてほしいなと思い、「図書館に飾ってください!」とお願いしてきました。

 

大勢の人が参加してくださった上に、小中学生の参加者から質問もたくさんいただけて、とても嬉しかったです。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『拝啓 本が売れません』好評発売中!

2015年に『松本清張賞』と『小学館文庫小説賞』をダブル受賞して(一瞬だけ)話題になった平成生まれのゆとり作家は、「本が売れない」という現実を思い知る。

出版不況といわれる中、いかに自分の本を売っていくか。
その方法を探すため、ゆとり作家は担当編集と旅に出る。

書店員、ライトノベル編集者、ブックデザイナー、Webコンサルタント、映像プロデューサー……。さまざまな業界で活躍するキーパーソンを取材。

その過程で見えてきた「本を売る方法」とは?

作品紹介ページぺ

コメントを残す

*