『ウズタマ』小学館

『ウズタマ』(小学館)
『ウズタマ』小学館

『ウズタマ』額賀澪/小学館

 

あらすじ

松宮周作(28歳)は、シングルマザーの紫織との結婚を前にしたある日、父親から大金の振り込まれた預金通帳を渡される。
自分のために大金を用意してくれた人物は誰なのか。
父が脳梗塞で倒れ、昏睡状態に陥ったのをきっかけに、周作はその人物を捜し始める。
辿り着いたのは、25年前に起こったとある傷害致死事件。
病気で亡くなったとき聞かされていた母は、その事件の被害者だった。

そして加害者は、18歳の少年だった。

試し読みはこちら

 

 

書店員さんからのコメント

家族とは、孤独とは何かを突きつけられながらも、美味しい野菜たっぷりのラーメンの湯気のような温かい優しさにあふれた著者の新境地。最後の最後まで、主人公達が心配で心配で、本を持つ手から力が抜けませんでした。(宮脇書店本店 藤村結香様)
すごい。すごい。すごい。感動した。感動した。感動した。鳥肌が立った。
謎解きの詰まったハラハラドキドキの興奮作です。2~3歳の記憶ってないなぁと読んでいてつくづく感じました。サッポロ一番塩ラーメンを野菜たくさん入れてウズラの卵をのっけて作ってみたくなりました。ぜひあなたも読んで感動してください。泣いてください。家族っていいなぁと思ってください。(大杉書店 市川駅前本店 鈴木康之様)
困難を乗り越えた末に手に入れた小さな幸せは頬ずりするほど愛おしい。額賀作品が読者に愛される理由です。たっぷりの野菜の上に一個だけのったウズラの卵。ラスト5行はそのウズラの卵から大切な何かが孵った瞬間に思えました。(ヤマテル柴田店 渡辺啓市様)
別人が書いたのでは? と思うほどに作風が違いました。まさに「挑戦」でした。(明林堂書店 別府本店 冨田昭三様)
家族って、血の繋がりって、一体何なのだろう。額賀澪の新たな世界の扉が開いた瞬間に立ち合えた。そんな気がしてならない。(戸田書店 静岡本店 金澤恵子様)
「松宮さん、今、最も優先すべきは真実でも正義でもあなたの良心でもない」というセリフにぐっと来ました。 額賀さんの作品は、人の心のずっと奥の深いところにある哀しみをそおっと包み込んでくれるような優しさと、何故そんなことまでわかってくれているの? と思わせるような洞察力があります。(有隣堂 伊勢佐木町本店 佐伯敦子様)
過ちと向き合う人間の孤独が切なく、またその罪を知り向き合わされる者のやりきれなさもまた辛い。「家族」というユニットについて深く考えさせられる。(くまざわ書店 南千住店 阿久津武信様)

インタビュー・書評

スペック

タイトル:『ウズタマ』
作者名:額賀澪(ぬかが・みお)
出版社:小学館
仕様:四六判/296ページ
刊行日:2017年11月24日
ISBNコード:ISBN978-4093864879
価格:1,512円

スタッフ

  • 片江佳葉子(小学館/編集)
  • 桑野 桂(カバー写真)
  • 真々田ことり(イラスト)
  • アルビレオ(装幀)

購入