お知らせ

『風に恋う』発売まで1週間を切りました②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『風に恋う』文藝春秋

中身もちょこっと紹介します

ひとまず目次から

『風に恋う』文藝春秋

『風に恋う』の章タイトルには作中に登場する曲名を使っています。

『夢やぶれて』

序章に登場する『夢やぶれて』は、『レ・ミゼラブル』の劇中曲です。吹奏楽をやめる決心をした主人公・基が、《最後》に演奏する曲です。

『二つの交響的断章』

第一章に登場する『二つの交響的断章』は、取材させていただいた越谷北高校の去年のコンクール自由曲です。作中ではコーチの瑛太郎が高校時代に自由曲として演奏しています。

『スケルツァンド』

第二章のタイトルである『スケルツァンド』は昨年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲。作曲家・江原大介さんの作品です。スケルツァンドは「おどけた」とか「ふざけた」という意味なのですが、その名の通りとても賑やかで聴いていて楽しい曲です。中間部のアルトサックス2本の掛け合いが私は特に好きです。作中では、主人公の基と瑛太郎、そして千間学院吹奏楽部の部員達はこの曲でコンクールに挑みます。

ちなみに、第二章「オー・マイ・『スケルツァンド』!」は、作中で一番気に入っている章タイトルです。凄く好きです。

『汐風のマーチ』

第三章のキーとなる『汐風のマーチ』は、2010年のコンクール課題曲です。こちらは瑛太郎が高校時代にコンクールで演奏しています。6年後にコンクールに挑む基とこの曲がどうリンクするのか、ぜひ本編でご確認ください。

『風を見つめる者』

第四章のタイトル『風を見つめる者』は、架空の曲です。基達のコンクールの自由曲になっています。『風に恋う』の英語タイトルにも入っている「windgazer(ウインドゲイザー)」の由来となった曲です。

基達が挑む吹奏楽コンクールは、2017年が舞台になっています。高等学校の部で課題曲に『スケルツァンド』を選んで実際に全日本コンクールまで勝ち上がったのは福島県の平商業高校のみだったのですが、果たして基達は全日本まで勝ち上がれるのでしょうか? お楽しみに!

細かな遊びも入れてます

『風に恋う』では章の中に細かな節を作っているのですが、こちらのタイトルは実在する吹奏楽曲の名前をもじっています。

実はラストだけ、特別思い入れのある曲の名前をそのまま使いました。『屋上のウインドノーツ』にも登場したスウェアリンジェンの、超有名なあの曲です。スネアドラムのロールから始まるアレです。

吹奏楽が好きな人なら、きっと覚えのある節タイトルになっていると思います! こちらもぜひお楽しみに!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『風に恋う』7月13日発売!

松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』に続く
感動の吹奏楽×青春小説

吹奏楽に打ち込むも全日本コンクール出場を果たすことなく中学を卒業した茶園基。ドキュメンタリー番組で取り上げられているのを見て以降、ずっと憧れていた吹奏楽の強豪校・千間学院高校に進学したものの、幼馴染の玲於奈が部長を務める今の吹奏楽部にはかつての栄光など見る影もなかった。

しかし、そんな基の前に、黄金時代のOB・不破瑛太郎が吹奏楽部のコーチとして現れる。

あろうことか彼は、一年生の基を部長に指名した――

「茶園、俺と一緒に、全日本吹奏楽コンクールに行く部を作ろうか」

部内に渦巻く嫉妬とプライド、大学受験のプレッシャー、
恐怖のオーディション、そしてブラック部活問題。

果たして彼らは、全日本コンクールの地、名古屋に行くことができるのか?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*