お知らせ

『風に恋う』発売から2週間たちまして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『風に恋う』サイン本/八重洲ブックセンター本店

発売から2週間たちました

『風に恋う』の発売から2週間がたちました。
版元から「『風に恋う』、先週より今週の方が売上がいいよ!」という連絡をいただいて一安心するのと同時に、ちらほらと「書店に行ったけどなかった……」という声も聞こえてきて、探してくださっている皆さんには申し訳ない限りです。早くお手元にお届けできるように頑張ります。

7月13日に発売してから、博多での本に関わる人の交流会に遠征したり、チーム『風に恋う』&チーム『拝啓、本が売れません』の面々でクリームソーダを飲む会を開いたり、取材を受けたり、「小説現代」7月号の青春小説特集の打ち上げがあったり、昨日は本に関わる人の交流会in新橋があったりと、イベントが盛りだくさんでした。
各所で『風に恋う』の評判を聞くことができて嬉しいです。

ワタナベ氏をはじめ、チーム『拝啓~』が『風に恋う』の売上を自分の会社の本のように気にしてくれていて、私はこっそり感激しています。

サイン本があります

先日、八重洲ブックセンター本店さんに作家の天祢涼さんとお邪魔して、サイン本を作らせていただきました。『風に恋う』と、天祢さんの新刊『罪びとの手』のサイン本が、数量限定で店頭にございます。
気になる方はお早めにどうぞ!

『風に恋う』サイン本/八重洲ブックセンター本店

ちなみにこの写真を撮ったとき、お向かいに同じく書店訪問に来ていた芦沢央さんがいらっしゃいました。ということは『火のないところに煙は』のサイン本も八重洲ブックセンター本店さんに行けば手に入ります。

夏休みシーズンも始まったことですし、『風に恋う』もまだまだ《仕掛け》を用意しています。いろいろと書いたり作ったりしているので、こちらも楽しみに待っていただけると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『風に恋う』好評発売中!

松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』に続く
感動の吹奏楽×青春小説

吹奏楽に打ち込むも全日本コンクール出場を果たすことなく中学を卒業した茶園基。ドキュメンタリー番組で取り上げられているのを見て以降、ずっと憧れていた吹奏楽の強豪校・千間学院高校に進学したものの、幼馴染の玲於奈が部長を務める今の吹奏楽部にはかつての栄光など見る影もなかった。

しかし、そんな基の前に、黄金時代のOB・不破瑛太郎が吹奏楽部のコーチとして現れる。

あろうことか彼は、一年生の基を部長に指名した――

「茶園、俺と一緒に、全日本吹奏楽コンクールに行く部を作ろうか」

部内に渦巻く嫉妬とプライド、大学受験のプレッシャー、
恐怖のオーディション、そしてブラック部活問題。

果たして彼らは、全日本コンクールの地、名古屋に行くことができるのか?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*