お知らせ

『風に恋う』重版出来です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『風に恋う』文藝春秋

『風に恋う』の重版が決まりました

Twitter等ではすでにお知らせしたのですが、7月13日発売の『風に恋う』の重版が決まりました。

文藝春秋の担当編集、担当営業、プロモーション部に『拝啓、本が売れません』チームを加えたチーム『風に恋う』内では、「お盆前に重版すっぞ!」が合言葉でした。
何とかそれを実現することができて本当に嬉しいです!

名古屋国際会議場と熱田神宮での願掛けが利いたみたいです。

名古屋国際会議場熱田神宮

重版自体が私にとって久々のものでして、2年ほど前に『タスキメシ』が天変地異みたいな冊数の重版をして以来です。
『タスキメシ』以降、ずっと重版を目標にやってきたので、とても安心しております。

発売直後から店頭で展開してくださった全国の書店さん、お手にとってくださった皆様、本当にありがとうございました。
三刷りを目指して、まだまだ頑張ります。

越谷北高校、西関東大会出場!

もうひとつ、嬉しいご報告があります。

『風に恋う』の執筆のために取材をさせていただいた埼玉県立越谷北高校吹奏楽部が、8月10日に行われた埼玉県吹奏楽コンクール県大会 高校Aの部で金賞を受賞し、9月9日に山梨県のコラニー文化ホールで行われる西関東大会への出場を決めました!

取材で関わった上に、『風に恋う』に欠かせないさまざまなアイデアをくれた越谷北高吹奏楽部の活躍、自分の母校のように嬉しいです!

さらに嬉しいことに、越谷北高吹奏楽部のホームページに、『風に恋う』の感想ページまで作っていただきました。

早速ホームページ担当の部員さんが感想を載せてくださいました。
ありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『風に恋う』好評発売中!

松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』に続く
感動の吹奏楽×青春小説

吹奏楽に打ち込むも全日本コンクール出場を果たすことなく中学を卒業した茶園基。ドキュメンタリー番組で取り上げられているのを見て以降、ずっと憧れていた吹奏楽の強豪校・千間学院高校に進学したものの、幼馴染の玲於奈が部長を務める今の吹奏楽部にはかつての栄光など見る影もなかった。

しかし、そんな基の前に、黄金時代のOB・不破瑛太郎が吹奏楽部のコーチとして現れる。

あろうことか彼は、一年生の基を部長に指名した――

「茶園、俺と一緒に、全日本吹奏楽コンクールに行く部を作ろうか」

部内に渦巻く嫉妬とプライド、大学受験のプレッシャー、
恐怖のオーディション、そしてブラック部活問題。

果たして彼らは、全日本コンクールの地、名古屋に行くことができるのか?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*