『風に恋う』文藝春秋

『風に恋う』(文藝春秋)

『風に恋う』文藝春秋より2018年7月13日発売!

『拝啓、本が売れません』にて冒頭100枚先取り掲載中!

News

  1. 『拝啓、本が売れません』のカバーと付録(3月8日)
  2. 『風に恋う』(仮)の作品紹介ページを作りました(4月1日)
  3. 「作家23人合同サイン会まつり」に参加します(5月13日)
  4. 行ってきました「作家23人合同サイン会まつり」(5月23日)
  5. 『風に恋う』発売まであと1ヶ月です(6月13日)
  6. 『風に恋う』のカバーを公開します(6月19日)
  7. 全日本吹奏楽コンクールの地へ(6月26日)
  8. 『風に恋う』番外編「ジョックロックに笑え」(6月28日)
  9. 『風に恋う』発売まで1週間を切りました①(7月8日)
  10. 『風に恋う』発売まで1週間を切りました②(7月8日)
  11. 『風に恋う』ついに発売です!(7月13日)
  12. 以下、更新予定

あらすじ

第22回松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』に続く
感動の吹奏楽×青春小説

吹奏楽に打ち込むも全日本コンクール出場を果たすことなく中学を卒業した茶園基。ドキュメンタリー番組で取り上げられているのを見て以降、ずっと憧れていた吹奏楽の強豪校・千間学院高校に進学したものの、幼馴染の玲於奈が部長を務める今の吹奏楽部にはかつての栄光など見る影もなかった。

しかし、そんな基の前に、黄金時代のOB・不破瑛太郎が吹奏楽部のコーチとして現れる。あろうことか彼は、一年生の基を部長に指名した――

「茶園、俺と一緒に、全日本吹奏楽コンクールに行く部を作ろうか」

部内に渦巻く嫉妬とプライド、大学受験のプレッシャー、恐怖のオーディション、そしてブラック部活問題。

果たして彼らは、全日本コンクールの地、名古屋に行くことができるのか?

目次

序章  凍てつく夜に『夢やぶれて』
第一章 追憶と『二つの交響的断章』
第二章 オー・マイ・『スケルツァンド』!
第三章 僕達は『汐風のマーチ』になりたかった
第四章 『風を見つめる者』は愛を歌う
Coda.  風に恋う

装画

hiko(Twitter

装幀

川谷康久【川谷デザイン】(Webサイト

謝辞

この小説の執筆にあたり、次の方々にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

中央大学 陸上競技部 舟津彰馬様

吹奏楽作家 オザワ部長様Webサイト

埼玉県立越谷北高等学校 吹奏楽部のみなさん、顧問の宮本陽一先生Webサイト

その他、作曲家・江原大介様、東海大学付属高輪台高等学校 吹奏楽部顧問・畠田貴生先生、朝日新聞出版『吹奏楽の星』編集部の皆様、福島県立湯本高等学校 吹奏楽部のみなさん、および顧問の小山田浩先生、本当にありがとうございました。

インタビュー・書評等

スペック

タイトル:『風に恋う』(かぜにこう)
作者名:額賀 澪(ぬかが・みお)
出版社:文藝春秋
仕様:四六判 軽装 並製カバー装 312ページ
刊行日: 2018年07月13日
ISBN:978-4163908526
価格:本体1,600円+税

購入

店頭で注文をされる際は、こちらの画像を保存・印刷して書店員さんに見せていただけると注文がスムーズです。

『風に恋う』予約表