『風に恋う(仮)』文藝春秋

吹奏楽小説『風に恋う』2018年夏発売予定

装画は準備中です

『風に恋う(仮)』文藝春秋より今夏発売予定!

好評発売中の『拝啓、本が売れません』にて、冒頭100枚先取り掲載中!

  1. 『拝啓、本が売れません』のカバーと付録(3月8日)
  2. 『風に恋う』(仮)の作品紹介ページを作りました(4月1日)
  3. 「作家23人合同サイン会まつり」に参加します(5月13日)
  4. 以下、更新予定

あらすじ

「茶園、一緒に全日本吹奏楽コンクールに行く部を作ろうか」

中学三年間、吹奏楽に打ち込むも全日本コンクール出場を果たすことなく卒業を迎えた茶園基。かつて憧れた吹奏楽の元強豪校・千間学院高校に進学するも、燃え尽き症候群で吹奏楽を続ける気力はない。
しかしそんな基の前に、かつて千間学院高校吹奏楽部として全日本のステージに立った不破瑛太郎が、吹奏楽部のコーチとして現れる。

目次

〇  凍てつく夜の『夢やぶれて』
一  追憶と『二つの交響的断章』
二  オー・マイ・『スケルツァンド』!
三  僕達は『汐風のマーチ』になりたかった
四  『風を見つめる者』は明日へ走る
五  『風を見つめる者』は愛を歌う
D.C. 風に恋う

 

 

*以上は制作途中のもので、変更になる可能性があります。