『屋上のウインドノーツ』文藝春秋/文春文庫

『屋上のウインドノーツ』額賀澪/文春文庫

第22回松本清張賞受賞作

『屋上のウインドノーツ』額賀澪/文藝春秋

『屋上のウインドノーツ』額賀澪/文春文庫

吹奏楽という「風」に乗り、真っ青な空に向かってどこまでも上昇していくような青春物語――『屋上のウインドノーツ』とそれを生み出した額賀澪さんにブラボー!

吹奏楽作家・オザワ部長(文庫版解説: 愛すべき「風」の物語  より)

あらすじ

給前志音は、《みんな》と繋がることができない。幼馴染みの何でもできる親友の影に隠れて、こそこそと生きてきた。
しかし、独りぼっちで進学した高校の屋上で、志音は吹奏楽部の部長・日向寺大志と出会う。

「何かが変わるかもしれない」

そんな予感を胸に、志音は吹奏楽の世界へと飛び込む。
一方の大志も、胸の奥に踏み越えられない《後悔》を抱えていた。
踏み越えられない葛藤を抱えた2人の、コンクールへ向けた日々が始まる。

社会派ミステリーでも時代小説でもない、松本清張賞を受賞作した吹奏楽小説。

インタビュー・書評等

スペック

タイトル:『屋上のウインドノーツ』
作者名:額賀 澪(ぬかが・みお)
仕様:文庫判  368ページ
刊行日:2017年06月10日(単行本:2015年6月26日)
ISBNコード:978-4-16-790868-3
価格:本体740円+税

スタッフ

  • きたざわけんじ(単行本装画)
  • けーしん(文庫装画)
  • オザワ部長(文庫解説)

購入