『カナコと可奈子のやり直し』

文庫本・角川文庫

あらすじ

どの生徒にも慕われ、保護者対策もぬかりない、同僚にも羨望の眼差しを送られる有能教師の菅野。そんな彼の前にかつての同級生の幽霊、イシイカナコが現れる。

「ねえ、イシイカナコの《人生やり直し事業》、参加しない?」

--菅野は、17歳の自分が生きる時間軸へと飛ばされた。ただし、菅野本人ではなく、同級生の依田として。イシイカナコの手違いに怒り狂う菅野(依田)だが、なんとか高校生の自分を説得して進路を変えさせようと試み始める。

しかし、同じクラスには生前の石井可奈子がおり、幽霊のカナコには何やら別の思惑があるようで……。

*『カナコと可奈子のやり直し』は2019年刊行の『イシイカナコが笑うなら』を改題・改稿したものです。

目次

プロローグ

第一話 イシイカナコはやり直す

第二話 塩原雪乃は告白する

第三話 細谷宏一は甘酸っぱい

第四話 菅野京平は痛感する

第五話 石井可奈子はもういない

第六話 イシイカナコが笑うなら

エピローグ

インタビュー・書評等

書籍情報

タイトル:『カナコと可奈子のやり直し』
作者名:額賀 澪(ぬかが・みお)
出版社:KADOKAWA(角川文庫)
仕様:文庫 272ページ
刊行日: 2021年9月18日
ISBN:978-4041115114
価格:680円(税別)

購入