『獣に道は選べない』

『獣に道は選べない』新潮文庫nex

あらすじ

貴方の手と、その手にのせた自分の手を、
これからの世界のすべてにしようと思った。

実は組長の娘だった彼女と、それでも一緒にいるために選んだ道は――新米任俠だった。
監視役だと思っていた不器用で無愛想な男は、気が付けばかけがえのない相棒になっていた。

自分の生き方に迷い、時に悪意に翻弄されながら、二匹の獣は夜の歌舞伎町を駆ける。

目次

序章

第一章  人間は大変ですね

第二章  黒犬は恋をするのか

第三章  お安いご用です

第四章  自分に無関心なだけだ

第五章  孤狸の血

第六章  ラブラドールの献身

終章

前回のお話はこちら
『猫と狸と恋する歌舞伎町』新潮文庫nex
猫と狸と恋する歌舞伎町

人間に化けて都会で生きるケモノ達は、その運命に翻弄されながらも自分らしい生き方を選び取ろうとする。

化けて、笑って、恋をして、ケモノたちの青春物語。

装画

装幀

文学YouTuberベルさんとのコラボ企画実施中

詳しくはこちら

『獣に道は選べない』コラボ企画実施中

書籍情報

タイトル:『獣に道は選べない』
作者名:額賀 澪(ぬかが・みお)
出版社:新潮社
レーベル:新潮文庫nex
仕様:文庫
刊行日: 2019年3月28日
ISBN:9784101801520
価格:594円(税込)

購入