お知らせ

『獣に道は選べない』発売&『風に恋う』重版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『獣に道は選べない』新潮文庫nex

『獣に道は選べない』発売中です

3月28日に『獣に道は選べない』が新潮文庫nexより発売となりました。昨年9月に出た『猫と狸と恋する歌舞伎町』(略称:ねこたぬ)の続編に当たります。
今回の略称は「けもみち」です。文庫化やアンソロジーを抜くと13冊目の本になります(たぶん)。

発売直後にもかかわらず多くの方から購入の報告や感想をいただけてとても嬉しいです。

また、『獣に道は選べない』は文学YouTuberベルさんより帯コメントをいただきました。
ベルさんによる書評動画やWサイン色紙プレゼント企画も実施中です。

詳しくはこちら

『獣に道は選べない』コラボ企画実施中

『風に恋う』重版です

昨年7月に発売された『風に恋う』(文藝春秋)が、このたび重版が決まりました。これで三刷です。

『風に恋う』

部数は異なりますが、三刷までいったのは『タスキメシ』以来です。『タスキメシ』は恐らく私の初期の代表作というやつなのだと思うのですが、やっと『タスキメシ』と同じ三刷までいくことができました。

「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本」にランクインして埼玉県内の書店や図書館で展開していただいたこと、年明けからたくさんの学校の入試で出題されたことなどが今回の重版に繋がりました。

新学期に向けて、たくさんの方にまた『風に恋う』を手に取っていただけたら嬉しいです。
『獣に道は選べない』共々、引き続きよろしくお願いします。

『獣に道は選べない』好評発売中

貴方の手と、その手にのせた自分の手を、
これからの世界のすべてにしようと思った。


実は組長の娘だった彼女と、それでも一緒にいるために選んだ道は――新米任俠だった。
監視役だと思っていた不器用で無愛想な男は、気が付けばかけがえのない相棒になっていた。

自分の生き方に迷い、時に悪意に翻弄されながら、二匹の獣は夜の歌舞伎町を駆ける。

作品紹介ページへ

コメントを残す

*