NUKAGA Mio works

作家・額賀澪の公式サイトです。
新刊・既刊の情報やイベント告知などを掲載しています。

ブログ、Twitter、Instagram、試し読みや番外編も公開中。

人気のある記事

最近の投稿

Pickup

もうすぐ出る本&最近出た本

1

できない男

集英社

仕事も、恋愛も、結婚も、できない。

地方の広告制作会社で働くデザイナー・芳野荘介28歳。年齢=恋人いない歴で、仕事も中途半端な自分に行き詰まっている「できない男」。

荘介の前に現れた有能アートディレクター・河合裕紀、33歳。彼もまた、独立や結婚など、その先の人生へと踏み出す覚悟が「できない男」だった。

対照的な二人の「できない男」。それぞれが抱えるダメさと格闘しながら、互いに成長していく姿が最高に愛おしい、大人による大人のための青春小説。

詳しくはこちら

2

タスキメシ 箱根

小学館

努力は、裏切るよ。

2019年春。管理栄養士として働いていた眞家早馬は、訳あって紫峰大学の大学院へ進学した。スポーツ栄養士を目指す早馬の前に、駅伝部の監督・館野が突然現れる。

「箱根駅伝に出ましょう!」
そう意気込む館野に、早馬は一度は離れた大学駅伝の世界へ引き戻されていく。

詳しくはこちら

3

「君は、なんで競歩をやってるの」

東京オリンピックの開催が決定した2013年9月。高校3年生の榛名忍は作家デビューした。

「天才高校生作家」と持て囃された華々しい日々から3年、大学生になった忍は作家として大スランプに陥っていた。

このまま世間から忘れ去られて、普通の人間になっていくのかもしれない。

そう思っていた2016年夏。世間はリオオリンピックの話題で持ちきりだ。そんなある日、忍は大学でオリンピックのハイライト番組を見ながら号泣する後輩・八千代篤彦と出会う。

彼は、大学でたった一人の《競歩選手》だった。

詳しくはこちら

Works

作品紹介やその他のお仕事

作品紹介

Works

試し読み

reading

Profile

簡単な自己紹介

名前
額賀 澪(ぬかが・みお)
職業
作家・フリーライター
生年月日
1990年10月16日
受賞歴
第22回松本清張賞・第16回小学館文庫小説賞

Contact

お問い合わせ

取材・執筆・講演などの依頼の際は、お手数ですが依頼のもととなる作品の版元へご連絡ください。