NUKAGA Mio works

作家・額賀澪の作品や仕事の紹介をしているサイトです。
新刊・既刊の情報やイベントの告知などを掲載しています。
公式ブログも日々更新しています。

人気のある記事

最近の投稿

Pickup

もうすぐ出る本&最近出た本

1

拝啓 本が売れません

KKベストセラーズ

2018年3月22日発売予定!

2015年に『松本清張賞』と『小学館文庫小説賞』をダブル受賞して(一瞬だけ)話題になった平成生まれのゆとり作家は、「本が売れない」という現実を思い知る。

出版不況といわれる中、いかに自分の本を売っていくか。
その方法を探すため、ゆとり作家は担当編集と旅に出る。

書店員、ライトノベル編集者、ブックデザイナー、Webコンサルタント、映像プロデューサー……。さまざまな業界で活躍するキーパーソンを取材。

その過程で見えてきた「本を売る方法」とは?

詳しくはこちら

2

完パケ!

講談社

たくさんのものを失って、僕らはだんだん逞しくなる

閉校の噂が飛び交う武蔵映像大学――通称・ムサエイで映画監督を目指す安原槙人と北川賢治。
映画が大好きで天才肌、でも口下手で天然、しかも要領の悪い貧乏学生の安原と、
映画プロデューサーの息子で何でも器用にこなし、人を動かすのが上手い策士の北川。

しかし、卒業制作で自分の脚本で映画を撮れる監督の座は、たった一つ。
安原と北川の二人は、監督の座をかけてコンペでガチンコ勝負をすることになる。

詳しくはこちら

3

ウズタマ

小学館

過去ではない何かで繋がっていたかった

松宮周作(28歳)は、シングルマザーの紫織との結婚を前にしたある日、父親から大金の振り込まれた預金通帳を渡される。
自分のために大金を用意してくれた人物は誰なのか。
父が脳梗塞で倒れ、昏睡状態に陥ったのをきっかけに、周作はその人物を捜し始める。
辿り着いたのは、25年前に起こったとある傷害致死事件。
病気で亡くなったとき聞かされていた母は、その事件の被害者だった。

そして加害者は、18歳の少年だった。

詳しくはこちら

Works

作品紹介やその他のお仕事

作品紹介

プロフィール

講演会

フリーライター

Profile

簡単な自己紹介

名前
額賀 澪(ぬかが・みお)
職業
作家・フリーライター
生年月日
1990年10月16日
受賞歴
第22回松本清張賞・第16回小学館文庫小説賞

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックをお願い致します。