お知らせ

『風に恋う』のカバーを公開します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『風に恋う』(文藝春秋)

hikoさん×川谷康久さんによる超力作です!

7月13日発売の『風に恋う』(文藝春秋)のカバーイラストを、イラストレーターのhikoさんが描いてくださいました。

伊坂幸太郎さんの『砂漠』新装版(実業之日本社文庫)のカバーを描かれているのを拝見してから、ずっとお仕事をご一緒したいと思っていた方なので、今回『風に恋う』のカバーを描いていただけてとても嬉しいです。
『砂漠』をすでに持っているのにも関わらず、カバーに釣られてもう1冊買ってしまったくらいなので。

そして装幀を手がけてくださったのは、川谷康久さんです。
拝啓、本が売れません』にも登場し、実際に装幀も担当してくださったデザイナーさんです。
川谷さんの凄さと人柄はぜひ『拝啓、本が売れません』でご堪能ください。

『風に恋う』(文藝春秋)

 

『拝啓、本が売れません』を経て

作家デビューしてから3年近く、額賀はカバーイラストやデザインはほとんど担当編集にお任せしてきました。
作家がいいと思ったカバーが売れるカバーとは限らないわけだし、と。
しかし、『拝啓~』の中で「カバーには拘るべきだ」というアドバイスを映像プロデューサーの浅野さんからいただき、今回はとことん自分もカバーに関わるぞ! と鼻息荒く取りかかりました。

その心意気を汲んでくれたのが文春の担当編集で、川谷さんに装幀を依頼し、私にもいろいろと口を出させてくれました。
複数あったカバーデザインを持って書店員さんに「どれがいいと思いますかっ?」と意見をもらいに行ったりもしました。

額賀「これ、帯幅削ったりできます?」
川谷さん「40mmまでならやったことあるよ! 35mmはわかんない!」

なんてやり取りがあったりもしました。

ただ、私があれこれ口を出す必要がないくらいhikoさんが素敵なイラストを描いてくださり、川谷さんがとても綺麗にデザインしてくださいました。

たぶん、私がこれまでの人生でであった本の中で、一番好きなカバーです。
あ、ちなみに、カバーを外しても表紙をめくってもこれがまた素敵なんですよ! お楽しみに!

《全国の書店員さんへ》 『風に恋う』 NetGalleyでも読めます

書店関係者、図書館関係者、教育関係者、映像や出版関連のメディア関係者向けに、NetGalleyで『風に恋う』のゲラを公開しています。

 

興味のある書店員さん、本に関わるお仕事をされている方、ぜひNetGalleyで『風に恋う』をご一読ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『風に恋う』好評発売中!

松本清張賞受賞作『屋上のウインドノーツ』に続く
感動の吹奏楽×青春小説

吹奏楽に打ち込むも全日本コンクール出場を果たすことなく中学を卒業した茶園基。ドキュメンタリー番組で取り上げられているのを見て以降、ずっと憧れていた吹奏楽の強豪校・千間学院高校に進学したものの、幼馴染の玲於奈が部長を務める今の吹奏楽部にはかつての栄光など見る影もなかった。

しかし、そんな基の前に、黄金時代のOB・不破瑛太郎が吹奏楽部のコーチとして現れる。

あろうことか彼は、一年生の基を部長に指名した――

「茶園、俺と一緒に、全日本吹奏楽コンクールに行く部を作ろうか」

部内に渦巻く嫉妬とプライド、大学受験のプレッシャー、
恐怖のオーディション、そしてブラック部活問題。

果たして彼らは、全日本コンクールの地、名古屋に行くことができるのか?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*