読書のいずみ|あの頃の本たち

エッセイ掲載のお知らせ

全国大学生協が季刊で発行している読書のためのフリーペーパー「読書のいずみ」の「あの頃の本たち」というコーナーにエッセイが掲載されています。

小学6年生の頃に出会って以来、ずっと大好きな重松清さんの作品について書きました。
主に『ナイフ』と『きみの友だち』についてですが、『十字架』『エイジ』『ビタミンF』『舞姫通信』『疾走』『青い鳥』『希望ヶ丘の人びと』などなど、文字数が許すなら語りたい作品がたくさんあります!

Webからも読むことができますので、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA