好書好日|連載エッセイ「大好きだった」②

連載エッセイのお知らせ

朝日新聞のブックサイト「好書好日」で連載中のエッセイの第2回が公開されています。

今回のテーマは音楽です。
中学生の頃から大好きな、作曲家のジェイムズ・スウェアリンジェンについて書きました。

デビュー作『屋上のウインドノーツ』で主人公達がコンクールで演奏する「シーゲート序曲」を作った方で、『風に恋う』では「センチュリア」という曲名を節タイトルに使ったくらい好きです。

読んでいただけたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA