お知らせ

新刊発売&額賀澪書店オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『イシイカナコが笑うなら』

『イシイカナコが笑うなら』本日発売です

本日、KADOKAWAより『イシイカナコが笑うなら』が発売になりました。
単行本で数えると11冊目。文庫書き下ろしを入れると12冊目になります。たぶん。

『イシイカナコが笑うなら』

『イシイカナコが笑うなら』は初めて文芸誌に連載をさせてもらった作品で、企画の立ち上げから毎月やって来る〆切など、初めてのことばかりの小説でした。第1話が掲載された頃は最終話に辿り着けるか戦々恐々としていたのですが、無事本になってとても嬉しいです。

せっかくなので、Twitter上で皆様からいただいた感想をまとめています。よろしければご一読ください。

『イシイカナコが笑うなら』どうぞよろしくお願いいたします。

額賀澪書店、ぼんやりオープン

昨夜、うさぎや矢板店さんに現れた「額賀澪書店」。

額賀の自宅にある本棚からイチオシ本を選び、書店さんにPOPと共に並べていただくという企画です。

Twitterで複数の書店員さんとやり取りしている中で「やってみちゃおうか」という話になり、あれよあれよという間に実現してしまいました。

額賀澪書店ラインナップ

『きみの友だち』重松清
『水を打つ』堂場瞬一
『横道世之介』吉田修一
『砂漠』伊坂幸太郎
『終業式』姫野カオルコ
『最後の夏に見上げた空は』住本優
『恋愛中毒』山本文緒
『彼女のこんだて帖』角田光代
『ある日、爆弾がおちてきて』古橋秀之
*一部、スペースの関係や在庫状況に応じて置いていない本があります。何卒ご承知置きください。

パネル、POP、特製オビ、一式作らせてもらいました。楽しかったです!

うさぎや矢板店さんだけでなく、今後いろんな書店さんに「額賀澪書店」が現れる予定です。
貴方の住む街の書店にも突然現れるかもしれないです。よろしくお願いします。

ちなみに…

「額賀澪書店」を展開してくださる書店さん、絶賛募集中です。
パネル、POP、特製オビをデータでご用意していますので、興味のある書店さんがございましたら、SNSを通じて額賀までご連絡いただけますと嬉しいです。

展開冊数、スペースの広さなど、特に制約はございません。気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『イシイカナコが笑うなら』好評発売中

屈託を抱えた大人のための、
「二度目の成長」ストーリー

どの生徒にも慕われ、保護者対策もぬかりない、同僚にも羨望の眼差しを送られる有能教師の菅野。

そんな彼の前にかつての同級生の幽霊、イシイカナコが現れる。

「ねえ、イシイカナコの《人生やり直し事業》、参加しない?」

作品紹介ページへ

コメントを残す

*