『タスキメシ 箱根』

単行本・小学館

あらすじ

2019年春。紫峰大学駅伝部のキャプテンである仙波千早は、大学4年生になった。「自分は実業団に進むような選手じゃない」と、長距離走は大学卒業と同時に引退する予定だ。だからこそ、最後に箱根駅伝を走りたい。千早はそう願っていた。

そんな彼の前に、紫峰大学の大学院に進学したという管理栄養士の眞家早馬が現れる。駅伝部のコーチアシスタント 兼 栄養管理を任された彼のことが、千早はどうしても好きになれない。

千早の「箱根駅伝を目指す最後の1年」は、果たしてどうなるのか――?

装画・alma/装幀・山下知子

推薦コメント

緊迫感、胸のざわつき…著者は箱根経験者では? と思うくらいリアルで魅力的な小説です。

柏原竜二

目次

プロローグ

一、願う者

二、挑む者

エピローグ

『タスキメシ』

陸上部で長距離選手として活躍していた眞家早馬は、右膝の剥離骨折という大けがを負う。リハビリに励む中、料理研究部の井坂都との出会いをきっかけに、徐々に料理に没頭するようになる。

同じ陸上部の弟・春馬、陸上部部長の親友・助川、ライバル校の藤宮らは、早馬が競技に戻ってくることを切実に待っている。しかしそれとは裏腹に、早馬はどんどん競技から離れていく。
それぞれの想いが交錯する中、駅伝大会がスタートする――。

『タスキメシ 箱根』の4年前を描いた前日譚。

インタビュー・書評等

書籍情報

タイトル:タスキメシ 箱根
作者名:額賀 澪(ぬかが・みお)
出版社:小学館
仕様:四六判
刊行日:2019/11/6
ISBNコード:978-4093865579
価格:1,500円+税


購入