『タスキメシ 箱根』

『タスキメシ』額賀澪/小学館

『タスキメシ』続編 11月6日発売予定!

あらすじ

2019年春。紫峰大学駅伝部のキャプテンである仙波千早は、大学4年生になった。「自分は実業団に進むような選手じゃない」と、長距離走は大学卒業と同時に引退する予定だ。

だからこそ、最後に箱根駅伝を走りたい。千早はそう願っていた。

そんな彼の前に、紫峰大学の大学院に進学したという管理栄養士の眞家早馬が現れる。駅伝部のコーチアシスタント 兼 栄養管理を任された彼のことが、千早はどうしても好きになれない。

千早の「箱根駅伝を目指す最後の1年」は、果たしてどうなるのか――?

『タスキメシ』作品ページはこちら

News

『タスキメシ』文庫化&続編発売!(6月18日)
続編タイトル公開(9月14日)
『タスキメシ 箱根』プルーフ完成(10月1日)

書籍情報

タイトル:タスキメシ 箱根
作者名:額賀 澪(ぬかが・みお)
出版社:小学館
仕様:四六判
刊行日:2019/11/6
ISBNコード:978-4093865579
価格:1,500円+税

購入