お知らせ

額賀澪書店 再び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぬかよむ

額賀の家の本棚からイチオシ本を選び、書店さんにに並べていただく企画:額賀澪書店

夏に向けて第2弾「ぬかよむ」を各地の書店さんにて展開中です。

ぬかよむ

テーマは「小説家が夏に読みたい課題図書

読書感想文のために読むもよし、お盆休みの読書のお供にするもよし。夏に読みたい作品ばかりをチョイスしました。

展開してくださる書店さんが続々と現れ、各地で絶賛営業中でございます。

額賀澪書店「ぬかよむ」ラインナップ

永遠の出口』森絵都/集英社文庫
完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』若林正恭/角川文庫
最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』二宮敦人/新潮文庫
黄色い目の魚』佐藤多佳子/新潮文庫
エイジ』重松清/新潮文庫
季節風 夏』重松清/文春文庫
かくかくしかじか』東村アキコ/集英社愛蔵版コミックス刊

夏休みの宿題で読書感想文に悩んでいるという方は、ぜひ「読書感想文を書くための本の読み方」の記事と合わせてご覧ください!

文苑堂書店 新湊店

紀伊國屋書店 笹塚店

明屋書店 厚狭店

『夏なんてもういらない』発売中

彼に告白する言葉は、
もっと別のものにするつもりだった。


十二年に一度の秘祭「潮祭」が開かれる夏。高校生の深冬は片想い相手の優弥とともに、彼の故郷・潮見島へ向かう。

普通の大学生だと思っていた優弥は、皆から慕われる祭司という深冬の知らない顔を持っていた。そして島には、絶対にかなわない恋敵がいた。

子供と大人、自由と伝統、恋と友情。見えない呪縛に囚われる少女がとった、すべてをぶち壊す選択とは?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*