お知らせ

2018年振り返り~拝啓、風に恋う狸~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『風に恋う』文藝春秋

2018年も残すところあと2日となりました。
去年の12月にこのサイトを作ったので、公式サイト自体も1周年になります。思えば『拝啓、本が売れません』の取材がきっかけで公式サイトを作ったのでした。

今年の振り返りをしてみようと思います

nekotanuki_cover
kaze-ni-kou_cover
sayokuri2018_obi
haikei01
kanpake_cover_ol

2018年の作品一覧

猫と狸と恋する歌舞伎町
「オリンピックを知らない僕達へ」(『作家たちのオリンピック』)
風に恋う
「ジョックロックに笑え」*『風に恋う』番外編
連載「できない男」
さよならクリームソーダ*文庫化
拝啓、本が売れません
連載「イシイカナコが笑うなら
「こっちを向いて。」(『女ともだち』)
完パケ!

2018年は書き下ろしの単行本が3冊、書き下ろしの文庫が1冊、文庫化が1冊、アンソロジーが2冊刊行され、連載も2本スタートし、無事最終回を迎えることができました。

今年もたくさん本を出すことができ、またたくさんの方とお会いすることができた1年でした。
そのぶんいろいろとしんどいことも多い1年間で、実は「もういっそのこと新人賞から出直してやろーかこんちきしょーめ!」と思ったこともありました。

やはり印象深いのは『拝啓、本が売れません』→『風に恋う』です。
これほど本を売ることについて考えたことはこれまでありませんでした。

「『拝啓~』なんて本を出した手前、『風に恋う』が売れなかったら本当の本当に笑えない。ただ初版部数晒しただけの人になる……!」と思っていたので、『風に恋う』の重版は特別嬉しかったです。

そして『拝啓~』で新潮文庫nexについて書いた縁で(?)初めての文庫書き下ろし作品『猫と狸と恋する歌舞伎町』も刊行することができました。
こちらは2019年3月末に続刊が刊行予定です!

2018年も誠にありがとうございました。

2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。

『猫と狸と恋する歌舞伎町』発売中!

化けて、笑って、恋をして

ケモノたちの青春物語

 

男子大学生に化けて気ままに生きるオスの三毛猫・谷中千歳は恋に落ちた。相手は、谷中のドーナツ屋さんで働く人間の女の子・愛宕椿。

自分の正体を明かすことができずに悩む千歳……けれども、彼女の秘密の方がもっとすごかった!
なんと彼女は歌舞伎町の任侠団体・愛宕組の組長の娘、しかも……!?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*