お知らせ

近刊のお知らせ|夏秋6冊連続刊行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『夏なんてもういらない』中公文庫

以前からお知らせしていた2019年夏秋の6冊連続刊行ですが、第1弾『夏なんてもういらない』、第2弾『君はレフティ』が発売となりましたので、改めて情報をまとめました。

第1弾『夏なんてもういらない』

発売中

『夏なんてもういらない』中公文庫

12年に一度の祭が行われる離島を舞台に巻き起こる、ひと夏の失恋物語。

第2弾『君はレフティ』

発売中

『君はレフティ』小学館文庫

記憶を失った少年を待ち受ける、謎の落書き事件の真相。

第3弾『小説 空の青さを知る人よ』

『あの花』『ここさけ』の監督・長井龍雪さん、脚本家・岡田麿里さん、キャラクターデザイン・総作画監督・田中将賀さんによる最新映画『空の青さを知る人よ』の小説版を担当しました。

8月23日に角川文庫より発売です。

映画のポスタービジュアルを使用したカバーデザインも完成しました!

映画は10月11日公開ですが、一足先に小説で『空青』の世界を楽しんでいただけたら嬉しいです。

『小説 空の青さを知る人よ』

第4弾『競歩王』

第1~3弾は恋愛を扱った作品が続きましたが、2019年秋はスポーツ小説、それも陸上競技を扱った作品が続きます。

9月下旬には、競歩を題材とした『競歩王』が発売予定。

箱根駅伝を諦め競歩に転向した選手と、競歩小説を書くことになった小説家の物語です。

続報をお待ちください。

第5弾『タスキメシ』文庫化

私の代表作である『タスキメシ』がこの秋に文庫化されます。駅伝と料理が紡ぐ「大切だった何かを諦めた人のための青春小説」です。

第6弾『タスキメシ』続編

文庫化に続き、『タスキメシ』の続編が2019年秋に単行本で刊行されます。

大学を卒業し社会人になった『タスキメシ』の主人公・早馬が、再び大学駅伝の世界に戻ってきます。

 

第3弾『小説 空の青さを知る人よ』の発売まであと2週間ほどとなりました。

怒濤の6冊連続刊行はまだまだ続きます。どれも面白い小説ばかりですので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

『夏なんてもういらない』発売中

彼に告白する言葉は、
もっと別のものにするつもりだった。


十二年に一度の秘祭「潮祭」が開かれる夏。高校生の深冬は片想い相手の優弥とともに、彼の故郷・潮見島へ向かう。

普通の大学生だと思っていた優弥は、皆から慕われる祭司という深冬の知らない顔を持っていた。そして島には、絶対にかなわない恋敵がいた。

子供と大人、自由と伝統、恋と友情。見えない呪縛に囚われる少女がとった、すべてをぶち壊す選択とは?

作品紹介ページへ

コメントを残す

*