お知らせ

2019年のふりかえり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年の振り返りをしてみようと思います

2019年も残すところあと数時間となりました。

今年は単行本が3冊、書き下ろしの文庫が1冊、ノベライズが1冊、文庫化が3冊と、合計8冊の本を出すことができました。昨年12月に小説推理でスタートした『沖晴君と死神の入道雲』の連載も無事最終回を迎えることができ、たくさん小説を書くことができた1年でした。

2019年の刊行作品一覧

特に印象的だったのは、『空の青さを知る人よ』のノベライズができたことです。予定していなかった仕事だったのですが、『true tears』の頃から脚本の岡田麿里さんの大ファンだったこともあって、二つ返事で引き受けてしまいました。先日実際に岡田さんにお会いしてお話しすることもでき、本当に嬉しかったです。はしゃぎ過ぎたことを未だに反省しています。

また、秋に『競歩王』、『タスキメシ』(文庫版)、『タスキメシ 箱根』を立て続けに刊行したのが、今年一番の大仕事でした。それぞれラストシーンで東京オリンピックの競歩、マラソンのレースが登場する作品です。まさか札幌に開催地が変わるとは思わず。来年の8月は札幌でオリンピックを楽しもうと思います。

小説の刊行以外にも、今年はイベントに参加する機会が多くありました。作家さんの知り合いも増えて、いろんな人とたくさん話をした1年でもありました。振り返ってみると楽しいことばかりです。

2019年も誠にありがとうございました。

2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*